MENU

カードローンの審査では信用情報の確認が行われます

カードローンに申し込んだ場合には各会社においてカードを発行するかどうかの審査が行われることになります。

 

この時の審査の内容については各社により異なりますので、A社に申し込んだカードローンは審査に通らなかったのにB社に申し込んだカードローンでは審査に通ったということも多いのです。

 

審査の結果は審査基準に影響されますから、審査基準の違いがこのような結果の違いとなっているのです。このように各社ごとにそれぞれとなっているカードローンの審査なのですが、実際の審査はどのような手順で行われているのでしょうか。今回はカードローンの審査の手順について解説したいと思います。

 

カードローンの審査の手順について

 

信用情報の確認が行われます

 

カードローンを申し込んだ場合には、申し込んだ人の名前などから信用情報の確認を行います。これまでの借り入れ状況などの記録が信用情報です。この信用情報によって過去に借り入れを行った履歴や現在の借り入れの状況など、また延滞などの金融事故を起こしていないかどうかなどを確認します。

 

現在は消費者金融からの借り入れについては年収の3分の1までに総量規制によって制限されていますので、現在の借入額の確認などは審査のためには欠かせないのです。

 

また過去に返済の延滞をしたり自己破産を申請したりといった金融関係のトラブルの履歴があるとこれが信用情報に金融事故として登録されますので、そうなってしまうとまず間違いなくカードローンの審査には通らなくなるとされています。

 

審査では返済能力の有無がチェックされます

 

カードローンはフリーローンの中でも特に敷居が低く、定職に就いている人であれば誰でも作ることができるものです。ただしお金を借りる以上は返済の義務がありますし、回収ができないとカードローン会社はとても困ることになりますから、審査においては返済能力の有無が厳しく確認されるということになります。

 

カードローンの申し込みの際には年齢や勤務先や年収などの情報を申告することになりますが、この時に働き盛りの年代で定年までまだまだ期間があるという場合には返済能力は高いと判断されて審査には通りやすくなりますし、一方で定年が近かったり転職したばかりで日が浅かったりすると審査には通りにくくなるようです。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。