MENU

カードローン会社は年収と信用情報によって審査を行います

一度カードローンの審査に落ちてしまうと「どうして審査に通らなかったのだろうか」と疑問を持ったままになってしまいますし、次に別のカードローンに申し込む場合などにも「また審査に通らなかったらどうしようか」と不安になってしまうかもしれません。

 

また初めてカードローンの申し込みをする人にとっても「どうしたら審査に通るのだろうか」ということは重大な関心事でしょう。カードローン会社ではそれぞれ審査についての基準を定めています。

 

これらについては各社ごとに異なっているのですが、ある程度共通した傾向などもあるようです。今回はカードローン会社の審査基準などについて紹介したいと思います。

 

カードローン会社の審査通過のための基準について

 

・審査に通過するためには2つのポイントが重要です

 

まず最初のポイントとしては年収が条件にあげられます。一般的には年収が高ければ返済能力も高いと判断されて審査に通りやすくなりますし、また年収が高ければ利用できる限度額も高くなります。ただし年収が高い場合であっても確実に審査に通るとは断言できませんので注意が必要です。

 

これは信用情報に関係していてこれがもう一つのポイントになっています。信用情報に延滞や自己破産などの金融事故の記録がなく、ある程度の頻度での借り入れと確実な返済の記録があれば審査には通りやすくなります。

 

各会社ごとに判断が異なるのですが、今までにカードローンなどを利用したことのない初めての申し込みの人が信用が高く評価される場合と、定期的に借り入れを行って延滞などがなくしっかりと返済をしている人の信用が高く評価される場合とがあるようです。

 

両方の意見から考えるとこれまでにカードローンを利用していて返済をしっかりと行っている人で、現在は借り入れ金額がゼロかあるいは完済が間近だという人などはカードローンの申し込みに通りやすいということになるでしょう。

 

・申し込み内容に嘘があると審査には通りません

 

カードローンを申し込む際には年収や現在の借入額などについては正しく申告するようにしましょう。審査に通りやすくしようと考えて嘘をついてもすぐにバレてしまいます。無担保で借り入れができるのがカードローンですから一定金額以上の借り入れを希望する場合などには収入証明書の提出が必要になります。

 

またカードローン会社では審査の際には信用情報をチェックしますので、これにより過去の借り入れの記録や現在の借り入れの状況などはすぐに確認することができるのです。

 

これらによって嘘の申告をしてもすぐにバレてしまいますし、その結果「信用できない人物である」と判断されて審査には通らないということになってしまうのです。通常の人間関係でも嘘があると信用は得られません。

 

これはカードローンにおいても同様なのです。信用と返済能力があれば誰でも利用できる敷居の低いローンがカードローンですから、申し込みの際には嘘のない正直な申告をすることを心がけるようにしましょう。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。