MENU

お試し審査では個人情報不要で簡単に診断を受けることができます

どうしても避けられないような急な出費については、病気の場合や冠婚葬祭の場合など意外と必要になる機会が多いものなのです。そんな時に少額からの借り入れが可能なカードローンを持っていればとても便利で助かります。

 

店頭や電話などはもちろんですが最近ではインターネットからもカードローンを申し込むことができますので、「もしもの時」に備えるために誰にも知られずにカードローンに申し込むこともとても簡単になりました。

 

ですが特にカードローンの申し込みが初めてという人や、転職したばかりだったり年収が低かったりする人の場合だと審査に通るかどうか不安を感じることもあるかもしれないですね。

 

そんな時にはカードローンの公式ホームページに用意されている「お試し審査」を試してみることをおすすめします。今回はカードローンのお試し審査について解説しますので参考にしてぜひとも試してみてください。

 

カードローンのお試し審査について

 

審査に通るかどうかの目安になるのがお試し審査です

 

お試し審査は実際の審査に申し込んだ場合に審査に通るかどうかを簡易的に診断できるサービスです。本審査よりも少ない項目に入力するだけで簡単にお試し審査を利用することができます。

 

お試し審査は審査に通るかどうかの目安として利用できますので、審査に通るかどうかについて不安を感じている人は気軽に試してみてください。

 

お試し審査ではどのような情報を入力する必要があるのでしょうか

 

お試し審査は氏名や住所や勤務地などの個人情報を入力しなくても利用することができます。ですからカードローンを利用してみたいがそのことを周りに知られたくないという人でも気軽に試せるのが大きなメリットなのです。

 

入力する内容はカードローン会社ごとに異なっていますが、生年月日と年収と現在の借り入れ状況を入力するという場合が多いようです。具体的な例としては新生銀行レイクの場合には生年月日と年収と借り入れ件数とその金額を入力することになります。またアコムの場合には生年月日と性別と配偶者の有無と借り入れ件数とその金額を入力することになります。

 

この時の借り入れ件数とその金額についてはカードローンについてのみの金額を入力してください。住宅ローンや自動車ローンやクレジットカードのショッピング枠などは含めなくても大丈夫です。

 

これだけの情報を入力すればすぐに診断結果が出ますから、お試し審査は1分程度の時間があれば誰でも簡単に行うことができるのです。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。