MENU

カードローンの審査では返済能力が重視されます

以前は高額な利息の請求やきつい取立てを行う業者なども一部にはあったのですが、現在は貸金業法によって貸金業者の規制が行われていますのでカードローンはより身近で安全で便利なものになりました。

 

カードローンの敷居は低くなったのですが、利用については必ず審査が必要ですし、この審査に通らなければカードローンを利用することができないのです。各会社ごとに審査の内容が異なっているために、同じような業種で同じような給料をもらっている人の場合でも申し込む会社によって審査の結果は異なるのです。

 

また審査に通らなかった場合でも審査に通らなかった理由については教えてもらえないため、何が原因だったのかを確認することは難しいのです。今回は審査に通らない理由として考えられるポイントを紹介しますので、なかなか審査に通らないという人は参考にしてみてください。

 

〜カードローンの審査に通らない理由について〜

 

返済能力がカードローン審査では重視されます

 

申し込む人のイメージとしては勤務している企業や雇用形態や年収などが審査に影響するように感じられるかもしれませんが、実際にはこれらの条件については安定した収入があればそれほどは重視されないのです。

 

カードローン会社はどこから利益を得ているのかを考えてみるとわかるのですが、確実な返済をしてくれる人がカードローン会社にとっての「良いお客様」なのです。年収などは限度額の決定などには影響しますが、返済能力の有無については別の基準によって判断されることになります。

 

返済能力は信用情報をもとに判断されます

 

過去の借り入れの状況や返済の記録、また延滞や自己破産などの金融自己の有無を記録したものが信用情報です。私たちのイメージではカードローンの利用の経験のない人は借金をしないしっかりした人だと感じるのですが、カードローン会社ではカードローンの利用をしてその返済を毎月確実に行っている人を信用できる人だと判断しているのです。

 

またある程度の頻度でコンスタントにカードローンを利用して長期間返済をしている人の場合にはカードローン会社の利益が大きくなりますから「良いお客様」であると判断されますし、審査についても利用履歴のない初めての申し込みの人よりも有利になるのです。

 

ただし利用履歴があったほうが有利だといっても3社以上から繰り返し借り入れを行ったりしていると「信用度が低いために複数の業者から借り入れをしなければならない人」だと判断されて審査に通りにくくなる場合もあります。

 

これ以外には1人でアパートなどで暮らしていると夜逃げの可能性を考慮されたり、子供が多い場合には養育費や生活費にお金が必要に判断されたりなど、様々な情報が返済能力の判断には影響することになります。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。