MENU

初めてのカードローンの申し込みには銀行系カードローンがおすすめです

カードローンには様々な種類がありますが大きく分けると3つに分類されます。銀行系カードローン、消費者金融系カードローン、信販系カードローンです。この3つの中で最も人気が高いのは銀行系のカードローンです。

 

銀行系のカードローンは比較的低金利で利用することができますし、総量規制の対象外のため借り入れ限度額を年収の3分の1よりも大きな額に設定できる可能性もあります。また銀行系であることによる安心感も人気の理由となっているようです。

 

ただし銀行系のカードローンの場合には審査が厳しく、また審査のための時間が長くかかるという傾向もあるので注意も必要になります。

 

カードローンの審査の手順や必要な書類などはどのカードローン会社でも大体同じなのですが、実際の審査の基準についてはそれぞれ異なっていますので「この条件をクリアしていれば必ず銀行系ローンの審査に通過できる」などのようなポイントは存在しないのです。

 

ですが銀行系のカードローンの審査に通りやすくなるためのポイントはありますので、今回は銀行系カードローン審査で重要になるポイントについて紹介したいと思います。

 

銀行系のカードローン審査ではここが重要です

 

公務員や正社員だと審査に通りやすくなります

 

消費者金融系と同じように銀行系のカードローンでも安定した収入があれば審査に通る可能性があります。

 

ただし銀行系のカードローンでは公務員や正社員であることを審査に通るための条件としている場合が多いために、一定額以上の収入がある人でもフリーターや主婦の場合には銀行系のカードローンの審査に通ることは難しいようです。

 

借り入れ件数は少ないほうが有利になります

 

総量規制の対象外なのが銀行系のカードローンなのですが、申し込んだ人に他社からの借り入れがある場合には審査で不利となるようです。借り入れがあっても1件が限度で、2件以上の借り入れがあると審査に通ることは難しくなります。

 

このように複数の借り入れがあると銀行系のカードローンの申し込みには不利ですから、逆に考えてみると初めてのカードローンの申し込みの場合にはまず銀行系のカードローンに申し込むことがおすすめになります。

 

銀行系のカードローンに申し込んでみて審査に通らなかった場合でも、その後消費者金融系や信販系に申し込めば審査に通る可能性は十分にありますから、初めてカードローンを申し込む場合にはとりあえずメリットが多い銀行系から挑戦してみるのが良いでしょう。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。