MENU

急ぎの場合には2社同時に申し込むのがおすすめです

カードローンを急な出費などに備えて事前に1枚作っておくと便利なのですが、審査に通らなければカードローンは作れませんから申し込んでもすぐに利用できるとは限らないのです。

 

それほど急がない場合には審査に通らなくても他のカードローン会社に再度申し込みをすれば良いのですが、その都度申し込みの手間がかかりますし急いでお金が必要な場合には結果が出るまでのんびり待っているという訳にはいかないでしょう。

 

それでは確実に審査に通過するためにはどのようにしたら良いのでしょうか。今回はカードローンの審査に通りやすいパターンについて紹介してみたいと思います。

 

カードローン審査に通りやすいパターンについて

 

急ぎの場合には1社ではなく2社同時に申し込むのをおすすめします

 

カードローンを急いで利用したい場合には、1社でなく2社同時に申し込むことをおすすめします。申し込みを2社同時にすればどちらか1社で審査に通らないという場合でも残りの1社で審査に通る可能性があるからです。カードローン審査に通りやすいパターンについてはこの「2社同時に」ということがポイントになります。

 

確実に審査に通りたい場合にはもっと多くのカードローンに同時に申し込んだほうが良いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、申し込みの履歴については信用情報に記録されますのであまり多くのカードローンに同時に申し込んだ場合には「複数の申し込みをしている→お金に困っている→返済能力が疑われる」と判断されてしまうかもしれません。

 

年収と職業だけが審査に通るためのポイントではありません

 

カードローンの審査に通りやすいパターンというと「公務員や大企業の社員などで高収入を得ていること」だと考えがちなのですが、実際のカードローンの審査では返済能力の高さを様々な視点から判断しているようです。

 

勤務形態については正社員として働いているのが最も高評価になりますが、パートやアルバイトといった非正規雇用であっても安定した収入が認められれば審査には通過できるようです。またこれ以外の条件については次のような条件だと審査では有利に働くようです。

 

(勤続年数)勤続年数が長いほうが安定した収入を見込むことができて、転職の可能性も低く安定していると判断されます。
(居住形態)持ち家の方が賃貸よりも評価が高くなります。また賃貸の場合居住している期間が長いほうが有利です。
(信用情報)これまでのカードローン利用履歴が多く長期の返済をしていると有利になります。ただし現在の借り入れ残額については少なめの方が有利です。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。