MENU

カードローンの審査に通過するためには職業と信用情報が重視されます

スピーディーな審査と融資が受けられて無担保でも利用できる魅力的なフリーローンの一種がカードローンです。

 

申し込みの際には各会社ごとに定められた利用基準を満たしているかどうかの審査を受けることが必要になりますが、これらの審査基準や利用のための手順などについては各社ともに共通した傾向が見られるようです。

 

今回はカードローンの審査基準や利用のための手順などについて紹介しますので、カードローンの利用を検討している人はぜひとも参考にしてみてください。

 

カードローンの審査についてのまとめ

 

審査の手順について

 

過去の申し込み内容の確認と信用情報の確認がカードローンを申し込むと行われることになります。信用情報によって現在までの借り入れの状況や返済の状況など、また過去の延滞や自己破産などの金融事故の情報が確認されますので、これらから信用度や返済能力が判断されるということになるのです。

 

貸し付けを行うかどうかは申し込み内容や信用情報をもとにして決定されることになり、審査結果が申し込んだ人に伝えられるということになります。

 

カードローンの審査に通過するためには

 

カードローンの審査においては年収も重要な判断基準になりますが、審査に通過するためには職業と信用情報が最も重視されるようです。

 

職業については公務員や大企業の正社員などであればカードローンの審査ではとても有利になりますし、フリーターなどでも安定した収入があればカードローンの審査に通貨することができます。

 

ただし特に銀行系のカードローンの場合には審査が厳しいという傾向がありますからフリーターの場合には審査に通過するのは難しいかもしれません。また職業と同じように信用情報も審査では重視されます。

 

過去に延滞などの金融自己を起こした人の場合には審査に通過するのは厳しくなりますし、逆にこれまでに延滞などの履歴がなく確実な返済を行っている人の場合にはプラスに評価されることになります。

 

これ以外に気をつけたいこととしては、カードローンを複数利用していると信用度は低くなりますので注意しましょう。

 

新規のカードの申し込みの際には既に利用しているカードローンの限度額が審査に影響しますので、新しいカードローンの契約ができても利用限度額は低めになってしまうことが多いようです。

カードローンに申し込んだ場合には各会社においてカードを発行するかどうかの審査が行われることになります。この時の審査の内容については各社により異なりますので、A社に申し込んだカードローンは審査に通らなかったのにB社に申し込んだカードローンでは審査に通ったということも多いのです。審査の結果は審査基準に影響されますから、審査基準の違いがこのような結果の違いとなっているのです。このように各社ごとにそれぞれ...

以前は高額な利息の請求やきつい取立てを行う業者なども一部にはあったのですが、現在は貸金業法によって貸金業者の規制が行われていますのでカードローンはより身近で安全で便利なものになりました。カードローンの敷居は低くなったのですが、利用については必ず審査が必要ですし、この審査に通らなければカードローンを利用することができないのです。各会社ごとに審査の内容が異なっているために、同じような業種で同じような給...

一度カードローンの審査に落ちてしまうと「どうして審査に通らなかったのだろうか」と疑問を持ったままになってしまいますし、次に別のカードローンに申し込む場合などにも「また審査に通らなかったらどうしようか」と不安になってしまうかもしれません。また初めてカードローンの申し込みをする人にとっても「どうしたら審査に通るのだろうか」ということは重大な関心事でしょう。カードローン会社ではそれぞれ審査についての基準...

カードローンを急な出費などに備えて事前に1枚作っておくと便利なのですが、審査に通らなければカードローンは作れませんから申し込んでもすぐに利用できるとは限らないのです。それほど急がない場合には審査に通らなくても他のカードローン会社に再度申し込みをすれば良いのですが、その都度申し込みの手間がかかりますし急いでお金が必要な場合には結果が出るまでのんびり待っているという訳にはいかないでしょう。それでは確実...

どうしても避けられないような急な出費については、病気の場合や冠婚葬祭の場合など意外と必要になる機会が多いものなのです。そんな時に少額からの借り入れが可能なカードローンを持っていればとても便利で助かります。店頭や電話などはもちろんですが最近ではインターネットからもカードローンを申し込むことができますので、「もしもの時」に備えるために誰にも知られずにカードローンに申し込むこともとても簡単になりました。...

カードローンには様々な種類がありますが大きく分けると3つに分類されます。銀行系カードローン、消費者金融系カードローン、信販系カードローンです。この3つの中で最も人気が高いのは銀行系のカードローンです。銀行系のカードローンは比較的低金利で利用することができますし、総量規制の対象外のため借り入れ限度額を年収の3分の1よりも大きな額に設定できる可能性もあります。また銀行系であることによる安心感も人気の理...