MENU

カードローンを使用目的や条件で選ぶ

借り入れの限度額に上限が無く低金利で利用できることが銀行系カードローンのメリットだといえます。

 

消費者金融系のカードローンと比較しても最低金利・最大金利ともに低めの設定になっていますので、カードローンをお得に利用できるのです。

 

また総量規制の対象外なのが銀行系のカードローンですから、借り入れの限度額は各銀行ごとに設定されていますし、審査に通れば大きな金額を借り入れることも可能になります。

スピード審査・スピード融資を行えることが消費者金融系カードローンの特徴となっています。また融資に対して積極的ですから審査については銀行系カードローンよりも若干甘い傾向のようです。実際の口コミなどでも銀行系のカードローンを申し込んでも審査に通らなかった人が消費者金融系では審査に通ったなどの例が多いようです。以前はいわゆるグレーゾーン金利が横行していましたので「消費者金融は悪徳業者だ」というイメージも...

複数のカードローンを利用しているという人も多いのではないでしょうか。カードローンを複数利用することが最近では一般化しているようですが、カードローン会社ごとに金利や返済日が異なりますから利用するカードローンの数が増えると管理の手間が大変になります。また計画的に利用することを心がけるようにしないと多重債務となってしまう可能性もあるのです。複数のカードローンはおまとめローンに借り換え多重債務になる前に複...

飲み会のお誘いや結婚式のための出費など、突然お金が必要になって困った経験のある人は多いのではないでしょうか。即日融資可能なカードローンならばそんな急な出費にも対応することができるのでとても便利です。低金利で利用できるのが銀行系カードローンのメリットなのですが審査のための時間が必要な場合が多いので、急いでお金が必要な場合には間に合わないこともあるかもしれません。スピード優先なら消費者金融系のカードロ...

カードローンを選ぶ際には金利が低いものを選ぶのがポイントです。利用したい金額が少額だという人の場合には最大金利を、利用したい金額が大きい人の場合には最低金利をチェックして比較することがおすすめです。カードローン選びではできるだけ低金利のものを選んだほうが利息が少なくなり返済の負担も少なくなります。また低金利のローンは借り換えやおまとめローンにも有利です。

消費者金融系のカードローンについては総量規制の対象になりますから、貸付の限度額については年収の3分の1が上限ということになります。一方で総量規制の適用対象外となるのが銀行系のカードローンです。貸付の限度額については自由に各銀行が設定することになります。消費者金融系のカードローンの場合でも限度額は一応設定されていますから、例えば高い年収の方の場合には限度額が足りなくなることもあるかもしれません。利用...

カードローンについて実際に利用して確認してみたいという人には、利息無料期間を設定しているカードローンを試してみることをおすすめします。この無利息期間を設けているカードローンであれば、決められた期間内に返済を完了すれば利息ゼロで利用することができますから、とりあえず実際に借り入れや返済を体験してみたいという人には最適です。今回は無利息キャンペーンを実施しているカードローン会社をランキング形式で3位ま...

最近ではパートやアルバイトなどといった正社員以外の雇用形態で働いている人が増えています。そのため正社員以外の人の中にもカードローンを利用したいという人が多いようです。またパート主婦や専業主婦などの場合でも生活費の不足を補ったり冠婚葬祭や子供の病気といった急な支出に備えるためにカードローンの利用を希望する人が増えているようです。カードローン融資の条件カードローンでは基本的に「安定した収入があること」...

貸金業法はいわゆる貸金業である消費者金融等に課せられる法律です。また貸金業法の中のルールのひとつが総量規制です。貸金業法の施行前にはグレーゾーン金利と無理な貸付が横行していて多重債務に陥る人が後を絶ちませんでした。そのため貸金業者を規制してカードローンの利用者を守るために定められたのが貸金業法であり、またその中の総量規制によって貸付の限度額は年収の3分の1までと定められたのです。消費者金融系のカー...

お金が必要な時にいつでも必要な借り入れができて同じように返済もできるのがカードローンの大きなメリットです。以前のカードローンでは専用のATMを利用する必要があったのですが、現在のカードローン会社は多くの金融機関と提携していますので様々なところで引き出しや返済を行うことが可能になりました。特に利便性を第一に考えると24時間深夜や早朝でも利用が可能なコンビニで利用できるカードローンがおすすめになります...