MENU

返済できないことをカードローン会社に伝えて返済計画の相談をしましょう

カードローンの利用において最も注意が必要となるのは、何かの事情で返済ができなくなってしまうことです。

 

怪我や病気で仕事ができなくなったり転職や職場の事情などで給料がカットされたりということは、全ての人に対して起こりうる可能性があることなのです。

 

もしも予期せぬ事情によってカードローンの返済ができなくなったときにはどうなるのか、またどうすればよいのかについて今回は解説したいと思います。

 

<カードローンが返済できない場合には>

 

返済が滞ると最終的には裁判になります

 

カードローンの返済が滞るとすぐにカードローン会社から支払いをするように連絡が入ります。単純に払い忘れていたという場合や給料日の遅れなどで数日後に支払えるという場合などには、そのことをカードローン会社に伝えて返済を済ませればそれで大丈夫です。

 

ただし連絡を無視したりすると連絡が頻繁になったり、あるいは督促状が自宅に届いたり直接の訪問があったりするかもしれません。現在は貸金業法によって厳しい取立てなどは制限されていますので取り立てについては心配ないのですが、だからといって連絡への無視を続けていると最終的には裁判に持ち込まれることになってしまいます。

 

最初の電話や手紙などによる督促を無視していると次は内容証明郵便が届くことになります。この時にそこに記載されている日時までに支払いを行わないと裁判の手続きへと進むことになってしまうのです。

 

また延滞が3ヶ月以上になると信用情報に金融事故として記載されることになりますので、こうなると新しいカードローンも作れなくなりますし、自動車ローンや教育ローンも利用できなくなります。

 

返済ができない場合にはローン会社に相談しましょう

 

カードローンの返済ができなくなってしまった場合には逃げたり隠れたりせずに、事実を正直にカードローン会社に報告して今後の返済計画を相談するようにしましょう。連絡が遅れると裁判などの手続きが始まってしまう場合もありますから、できるだけ早めに相談するようにしてください。

 

利用者の事情などを考慮して一時的に返済を減額してくれたり、返済を数日間待ってくれるなどの対応をしてくれるカードローン会社も多いようです。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。