MENU

無理のない返済のために返済シミュレーションを活用しましょう

カードローンを利用する際には事前に返済の計画を考えることが重要になります。いつでも気軽に利用できるのがカードローンの大きなメリットなのですが、逆にいつでも気軽に利用ができることから借金であるという感覚が麻痺してしまう場合も多いのです。

 

借入金が自分の銀行口座に簡単に振り込まれることから自分のお金であるかのように錯覚してしまいがちなのです。最初のうちは借金をしているという意識を持って利用するのですが、何度も利用を繰り返すうちに感覚が麻痺してしまって、やがて返済を考えずに借り入れを繰り返すようになってしまうのです。

 

借り入れが増えると通常の返済だけでも生活に負担がかかるようになりますし、やがては借金を返すために借金をするという多重債務の状態に陥ってしまうことになります。このようなことにならないためにも、事前に返済計画を考えてから利用するということが必要になるのです。

 

今回はカードローンの利用のためには欠かせない返済について、無理のない返済計画を立てるためにはどうしたら良いのかについて解説したいと思います。

 

実際のカードローンの返済計画を立ててみましょう

 

返済金額の計算をしてみましょう

 

カードローンでの返済では借りたお金である元金に金利を加算した額を返済していくということになります。金利については「借り入れ金額×実質年利÷365日×借りた日数」ということで計算されます。

 

例えば10万円を借り入れて年利18%で1年かけて返済するという場合の金利は「100000円×18%÷365日×365日=18000円」ということになります。借り入れた元金と合わせて1年で118000円を返済することになりますね。

 

これを月割りにすると1ヵ月当たり9833円の返済を行うということになります。カードローンに限らず各種のローンでは金利を含めた金額の返済をすることになりますから、借り入れの前には金利を含めた返済計画をしっかりと考えることが無理のない返済のためには必要です。

 

返済シミュレーションを利用してみましょう

 

金利の計算方法がわかれば月々の返済額を簡単に計算することができるのですが、リボルビング払いの場合には計算方法が複雑になります。リボルビング払いには「定額方式」や「定率方式」や「スライド方式」などといった様々な計算方式があるために、返済額などについても簡単に計算することができないのです。

 

実際の返済額を知るためにはカードローンの公式ホームページに用意されている返済シミュレーションを利用することをおすすめします。

 

リボルビング払いは支払い金額が毎月一定のために負担が少なく利用しやすい返済方法なのですが、一方で利息の支払いが多く支払いを続けても借り入れの元金がなかなか減らないというデメリットもありますので、事前に返済シミュレーションを利用してしっかりとした返済計画を立ててからリボルビング払いを選択するようにしてください。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。