MENU

リボルビング払いの様々な形式の特徴について紹介します

リボルビング払いをカードローンの返済方法に採用している会社が多いようです。

 

分割払いとは異なり、リボルビング払いの場合には借入額の残高に関係なく一定の金額を返済すれば限度額の範囲内で何度でも利用ができるというメリットがあります。

 

そんなリボルビング払いなのですが、実際にはいくつかの種類があって内容もそれぞれに異なります。

 

残高スライド式リボルビング払いについて

 

毎月の返済額が借入残高に連動してスライドする形式のリボルビング払いです。実際に返済額がスライドする金額設定はカード会社ごと決まっていますから、残高スライド式リボルビング払いによるカードローンを利用する前には返済額がスライドする金額について確認しておくことが必要となります。

 

利用例)借入残高30万円までは月々の返済額は1万円、借入残高30万円以上で月々の返済額は2万円、借入残高60万円以上で月々3万円といったように、借入残高に応じて毎月の返済額がスライドすることになります。

 

定率リボルビング払いについて

 

借り入れ総額を基準としてそれに一定の割合を乗じた金額を返済していく形式のリボルビング払いです。この形式では返済を開始したときの返済金額は大きくなりますが、返済を続けることで月々の返済額が減っていくことになります。

 

利用例)借り入れ金額30万円で定率10%の場合であれば借入残高に10%を乗じた額が月々の返済額になります。初月の返済は30000円、翌月は27000円、翌々月は24300円となります。

 

元利定額リボルビング払い

 

毎月一定の返済額で元金と金利を合わせた金額の返済をしていく形式のリボルビング払いです。借り入れを追加で行っても一定額の返済をしていくことになります。

 

 

利用例)借り入れ金額が30万円で月々の返済が3万円の場合には、元金と利息とが月々の返済の3万円の中に含まれることになります。

 

元金定額リボルビング払い

 

元金の返済額が毎月一定となっていて、これに金利を加えた金額を毎月返済していくという形式のリボルビング払いです。追加借り入れを行った場合などには、元金の返済の部分については毎月一定額で、これに金利を加えた金額の返済を行うということになります。

 

利用例)借り入れ金額が30万で月々元金部分を3万円ずつ返済する場合には、毎月の返済額は元金分3万円+金利の額ということになります。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。