MENU

それぞれの方法のメリットとデメリットを確認して自分に合った方法を選びましょう

カードローンを利用した場合には「分割払い」と「リボルビング払い」のどちらかの方法によって返済を行うことになります。返済方法については会社ごとに決まりがあり多くのカードローンではリボルビング払いを採用しています。

 

ただし分割払いや一括払いなどの方法を選ぶことができるカードローンなどもあります。分割払いとリボルビング払いについてはそれぞれに異なるメリットとデメリットがありますので利用する人のスタイルに合わせた返済方法を選ぶことが重要です。今回はカードローンの返済方法について解説したいと思います。

 

カードローンの分割払いとリボルビング払いについて

 

分割払いについて

 

カードローンを利用する時点で返済の回数を決める返済方法が分割払いです。これは通販やクレジットカードなどでも見かけるようないわゆる3回払いや6回払いなどのものと同じです。もしも10万円を借り入れて10回払いで返済するのであれば、借りた10万円については毎月1万円ずつ返済して、さらに発生する金利を10分割したものを支払うということになります。

 

この場合には1ヵ月あたりの金利は約1479円ですから、毎月の返済額は約11479円ということになります。分割払いの場合には完済までの期間があらかじめ決まっていますし、またリボルビング払いよりも支払う金利が少ないことがメリットになります。

 

ただし一度借り入れを行ってから完済する前に再度の借り入れを行った場合などには2つの借り入れについて同時に返済を行う必要が生じますから、これにより毎月の返済額が増加して生活に影響を及ぼすという場合もあるかもしれません。

 

目的が決まっていて一度の借り入れで済むという場合には分割払いがおすすめなのですが、逆にこまめにカードローンを利用したい人にはリボルビング払いが向いているかもしれません。

 

リボルビング払いについて

 

リボルビング払いは借り入れ金額の残高には関係なく、毎月決まった一定の金額を返済していくという返済方法になります。前回の借り入れを完済していない状態で追加の借り入れを行っても月々の返済金額は一定なので、利用者の負担は少なく返済のために無理が生じないことがメリットです。

 

ですがリボルビング払いの場合には繰り返し利用をしていると利息の負担が大きくなるために借り入れの元本がなかなか減らないというデメリットもあります。

 

カードローンをこまめに利用したい人やできるだけ月々の返済の負担を減らしたい人にはおすすめの方法なのですが、利息をできるだけ少なくしたいという人には分割払いが向いているかもしれません。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。