MENU

約定返済と随時返済の組み合わせをおすすめします

カードローンでは分割払いやリボルビング払いなどの方法によって、決まった日までに決まった金額の返済を行うという方法が一般的になっています。このような決まった日までに決まった金額の返済を行うことは「約定返済」と呼ばれています。

 

一方で利用者が好きな時に好きな金額を自由に返済することは「随時返済(または任意返済)」と呼ばれています。

 

カードローンの金利を抑えてお得に利用するためにはこの2つの返済方法を上手に活用することが重要なのです。

 

<カードローンの2つの返済方法を上手に活用しましょう>

 

返済方法と金利の間には深い関係があります

 

現在は貸金業法によって金利の上限が定められていますから、以前のような法外な金利を請求されるようなことはなくなりました。ですがカードローンの金利については自動車ローンや住宅ローンなどと比べるとやはり割高となっています。

 

例えば実質年利18%で10万円の借り入れを行った場合には金利18000円が1年間で発生することになります。これは1ヵ月で1500円、1日でおよそ49.3円ということです。

 

1日ごとの金利がカードローンでは加算されることになりますから、借りている期間が1日でも長くなればそれだけ金利が発生することになりますし、逆に1日でも早く返済を完了すればその分だけ金利の負担を少なくすることができるのです。

 

ですからカードローンをお得に利用するためにはどの返済方法を選ぶのかが重要になるのです。

 

おすすめは約定返済と随時返済の組み合わせです

 

カードローンを利用する場合には「無理のない返済計画」を立てるのが基本なのですが、毎月の返済額が少ないとそれだけ返済を完了するまでの期間が長くなるために金利の負担も大きくなってしまいます。

 

ですが無理をして毎月の返済額を大きくしてしまうと今度は月々の返済が生活を圧迫したり、延滞などの金融事故を起こしたりする可能性が高くなります。無理のない範囲でできるだけ早く完済を目指すためには、約定返済をしながら余裕のあるときに随時返済を行うという方法がおすすめです。

 

随時返済を行うと全て元金の返済に充てられますから、元金が減ることで金利の負担を減らすという効果もあるのです。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。