MENU

一定以上の金額の融資を希望する場合には収入証明書も準備しましょう

カードローンを申し込むためには本人確認のための書類を準備しなければなりません。

 

もしもそれほど融資を急いでいないのであれば申し込みの後で書類の準備をしてもかまわないのですが、即日融資などを希望する場合には事前に書類の準備をしておくことが必要になります。

 

それでは実際にどのような書類を本人確認のために準備すれば良いのか確認してみましょう。

 

カードローンの申し込みのために準備する書類について

 

本人を確認するための書類は必ず準備しましょう

 

無担保で貸付を行うのがカードローンですので、信用の基礎となる本人確認ができる書類の提出は欠かせないものとなっています。この時に最も利用されているのは運転免許証です。これ以外には各種保険証やパスポートや住民基本台帳カードなどの公的証明書も利用できます。

 

また本人確認書類に記載されている住所と実際の住所が異なっている場合には、氏名と住所の確認ができる書類を別に準備する必要があります。これについては住民票の写しや電話や水道など公共料金の領収書の写しを提出すればOKです。

 

希望する金額によっては収入証明書の提出が必要です

 

一定の金額以上の申し込みを希望する際には収入証明書の提出が必要となります。他社からの借り入れを行っている人の場合などには、他社借入額との合計で100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要です。収入証明書としては給与明細書、納税証明書、源泉徴収票などが利用できます。

 

実際にはカードローン会社ごとに収入証明書の提出が必要となる金額は異なっていますから、ある程度の金額の融資を希望する場合には事前に収入証明書の準備をしておいたほうが良いかもしれません。

 

会社によっては30万円の融資でも収入証明書が必要という場合もありますし、あるいは300万円の融資でも収入証明書は必要ないという場合などもあります。収入証明書を提出することが面倒だという場合には、収入証明書不要で高額の融資が可能なカードローンを探してみるのが良いでしょう。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。