イボとおさらば!完全治療ナビ

>

レーザーで治療する

レーザー治療の流れとは

レーザーを用いたイボ除去の場合、一般的には炭酸レーザーを使用することが多く、首のイボの除去などに非常に効果があります。
また、炭酸レーザー以外にも、血管腫レーザーと呼ばれるものもあり、こちらは血管腫と呼ばれる赤い色をしたイボを除去する際に用いることが多いです。

レーザーによる治療の場合、まずはレーザーを当てるイボに局所麻酔をし、それから実際にレーザーをあてていく流れになります。
レーザーを用いて、イボをピンポイントに除去することができますので、イボの周りの皮膚への負担が少なくて済みます。

炭酸ガスレーザーは、治療が終わった後に、1週間程度テープを貼り、患部が渇かないようにしておく必要があります。
治療後のケアとしてはそれくらいで、他に特に気を付ける点はないようです。

レーザー治療のメリットデメリット

レーザー治療のよいところは、レーザーを用いてイボだけを除去することができ、肌への刺激が少なくて済むという点にあるでしょう。
イボ部分に、局所麻酔をかけるため、この麻酔による注射の痛みというのは若干ありますが、その後のレーザー自体の痛みというのはほとんどありません。
このため、注射が苦手な人以外ですと、ほとんど痛みを伴わずに治療できるという魅力があります。

レーザー治療のデメリットとしては、保険診療の対象外という点になります。
保険が効かないので、レーザー治療にかかった費用は全額実費となるため、費用面では他の治療に比べて比較的高くなる傾向にあるようです。
保険適用外ですので、費用の設定は病院によってさまざまで、リーズナブルなところもあれば、数万円程度かかるところもあります。


この記事をシェアする