MENU

総量規制では借り入れは年収の3分の1までと制限されています

総量規制という言葉をキャッシングやカードローンについて調べている時に見かけることが多いのではないでしょうか。

 

この総量規制とは平成22年から施行された貸金業法の中のルールであり、個人が融資を受けることのできる金額の上限を定めたものなのです。

 

総量規制については借り入れの上限が制限されてしまうことからデメリットだと感じている利用者も多いようなのですが、実際には「返済できないような大きな金額の貸付をして高額の利息を請求する」といったこれまで悪徳業者が行っていたやり方から利用者を守ることを目的として定められたルールなのです。

 

今回は総量規制について詳しく解説します。

 

総量規制とは何でしょうか

 

総量規制によって借り入れは年収の1/3までと決められています

 

借り入れの限度額については総量規制によって年収の3分の1までと決められています。例えば年収300万円の人ならば借り入れは100万円まで、年収が600万円の人ならば借り入れは200万円までということになります。

 

この総量規制は全ての借り入れが対象となりますから、年収600万円の人がA社で限度額100万円のキャッシングカードを作った場合には、別のB社でキャッシングカードを作る場合には限度額は残りの100万円までということになります。つまりA社とB社を合わせて年収の3分の1までということです。

 

ですから例えばA社で限度額200万円のキャッシングカードを作っていた場合には、この時点で総量規制の上限額に達していますからこれ以上新しいキャッシングカードは作れないということになります。

 

銀行系キャッシングには総量規制は適用されません

 

貸金業法は消費者金融や信販会社などの融資を行うことを専門とする貸金業者を対象とした法律ですので、銀行には貸金業法は適用されません。

 

そのため銀行系のキャッシングの場合には年収の3分の1以上という総量規制の上限を超えた限度額の設定ができる場合もあります。

 

ただし銀行系のキャッシングでは消費者金融以上に審査が厳しく行われることが多いですから、総量規制の制限以上の限度額のキャッシュカードを作れるかどうかは申し込む人次第ということになります。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。