MENU

銀行系のキャッシングならば年収の3分の1を超える借り入れも可能です

「キャッシングでいくらまで借りることができるのか」については、初めてキャッシングを利用する場合や2枚目3枚目のキャッシングを作りたい場合などに気になるのではないでしょうか。

 

消費者金融などでは総量規制によってキャッシングの限度額が決まっているのですが、一方で除外や例外などもありますので特に初めての人の場合にはわかりにくいかもしれません。

 

今回はキャッシングの限度額について、総量規制も含めて解説したいと思います。

 

キャッシングの限度額計算をしてみましょう

 

年収の3分の1までがキャッシングの限度額です

 

総量規制という貸金業法の中のルールによって年収の3分の1までがキャッシングの限度額とされています。例えば年収が300万円の人の場合ならばキャッシングで利用できる限度額は最大で100万円ということになります。

 

この時に住宅ローンや自動車ローンはこの総量規制の計算には含まれませんから、住宅や自動車などのローンを既に利用しているという人の場合でもキャッシングを利用することはできます。

 

ただし実際にキャッシングの審査を申し込む場合には住宅ローンや自動車ローンなどを抱えている人の場合には審査に影響することもありますし、総量規制の限度額いっぱいまでの利用が認められないということがあるかもしれません。このあたりの判断はキャッシング会社次第ということになります。

 

銀行系のキャッシングは総量規制の対象とはなりません

 

キャッシングは大きく分けると消費者金融系(アコムやプロミスなど)と銀行系(楽天銀行やオリックス銀行など)の2種類となります。貸金業法の中の決まりなのが総量規制ですから、貸金業者である消費者金融系には当然に適用されることになります。

 

一方で銀行系キャッシングを経営している銀行の場合には貸金業法の対象にはなりませんので、銀行系キャッシングでは総量規制による制限を受けず各銀行が自由に利用限度額を設定できるのです。

 

ですから銀行系のキャッシングでは年収の3分の1以上の借り入れを行うこともできますし、また既に消費者金融で年収の3分の1相当の借り入れを行っている場合でもさらに銀行系のキャッシングで借り入れを行うことができるかもしれません。

 

いずれについても審査に通ればの話ですが、年収の3分の1以上の借り入れを希望する場合には銀行系のキャッシングを検討してみることをおすすめします。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。