MENU

必ず返すことと使いすぎないことが大切です

貸金業法が平成22年から施行されたことによって、身近で便利に利用ができるキャッシングは低リスクで安全なものとなりました。特に少額からの限度額設定ができるキャッシングならば、急にお金が必要になった場合にもすぐに借り入れによって準備ができるというメリットがあるのです。

 

ただしそうは言ってもやはり借金をしているわけですから、お金を借りたり返したりすることについては一定のリスクがあるということも知っておく必要があります。今回はキャッシングを利用する場合に気をつけたいリスクについて解説したいと思います。

 

キャッシングを利用する場合のリスクについて覚えておきましょう

 

キャッシングで借りたお金は必ず期日までに返済する必要があります

 

あたり前のことなのですが、お金を借りたら決められた日までに金利と合わせて必ず返済しなければなりません。この返済が遅れてしまったりすると、将来ローンを組んだりする場合に審査に通らなくなる可能性もあります。

 

返済日についてはしっかりと守って返済を滞らせないように気をつけましょう。返済を毎月の自動引き落としに設定できるキャッシングならば返済忘れがないので安心です。

 

ただしあまりも高額な毎月の返済額を設定すると、急な出費などで大きな金額を利用した場合に後で返済で苦労することになりますから、毎月の返済額は無理をせずに返済できる範囲に設定するようにしましょう。

 

キャッシングが便利だからといって必要以上に利用しすぎないように気をつけましょう

 

キャッシングではいつでも簡単に借り入れができて自分の口座に振込みが行われますから、キャッシングを自分の預金であるかのように錯覚してしまう人も多いのです。

 

 

確かにとても便利なのがキャッシングなのですが、ついつい借金をしているということを忘れがちになりますので、お金を借りているという意識をしっかりと持って自分に返すことのできる金額を必要な分だけ借りるということを心がけてください。

 

「返す必要のあるお金だということ」と「自分に返せる範囲内で借りること」を心がければ、キャッシングは普段の生活に役立つとても便利なものです。キャッシングに伴うリスクをしっかりと確認して、上手にキャッシングを使いこなしてください。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。