MENU

カードローン会社の在籍確認の電話は個人名でかかってきますので安心です

これは銀行系のカードローンに限らず消費者金融系や信販系にも共通することなのですが、カードローンの申し込みと審査においては本人の「在籍確認」が欠かせないものとなっています。

 

申し込みを行った人が申込書に記載された勤務先に本当に勤務しているかどうかを確認するのが在籍確認で、通常は勤務先とされる会社などにカード会社の担当者が電話をして確認するということになります。

 

在籍確認の必要性

 

お金を貸して利息を受け取ることでカードローン会社は利益を得るということになります。ですからサラリーマンで毎月決まった収入があるという人は返済能力が高い「良いお客様」であると判断されるのです。

 

ところが中にはカードローンの利用をするために実際には勤めていない勤務先を申込書に記入して申し込むという人などもいますので、審査では必ず勤務先に電話をして在籍を確認することで、申し込んだ人に本当に返済能力があるのかどうかをチェックしているのです。

 

カードローンの利用は別に悪いことではありませんが、やはり借金ですしなんとなくマイナスのイメージもありますから、できれば周りの人たちには知られずに利用をしたいと考える人が多いでしょう。

 

カードローンの利用を周囲に知られる心配はない

 

カードローンの利用に関する電話が勤務先にかかってくると同僚からの信頼を失う可能性もあります。在籍確認もそうですが延滞などがあった場合には連絡が勤務先に入る場合もありますので、これらのことを恐れてカードローンの利用を躊躇しているという人もいるようです。

 

実際にはカードローン会社は会社の名前は出さずに個人名で電話をしますので、在籍確認があったからといってカードローンを利用していることを周囲に知られてしまう心配はありません。もちろん銀行系のカードローンの場合でも「銀行」や「カードローン」という言葉は使いませんので安心です。

 

ただし在籍確認の場合には担当者が個人名で電話をかけてきますので、電話を受ける人によっては若干不審に感じるかもしれません。どうしても在籍確認を避けたいという場合にはカードローン会社に相談してみましょう。保険証や給与明細などの書類を提出することで在籍確認を済ませることができる場合もあります。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。