MENU

キャッシングよりも銀行系カードローンの方が低金利でお得です

最近のクレジットカードでは一般の買い物のためのショッピング枠に加えてキャッシング枠が付いているのが一般的となっています。

 

広義の借金を意味するのがキャッシングであり基本的にはカードローンと同じようなものだと考えれば良いのですが、キャッシングとカードローンでは返済方法に違いがありキャッシングは翌月末一括返済となっています。

 

ただしクレジットカードのキャッシングでは最近ではリボルビング払いに対応する場合が増えていますし、金利についても消費者金融と比較しても同じぐらいとなっています。ですから厳密に考えれば別のものなのですが、クレジットカードのキャッシングとカードローンは実質的には同じものだと考えて良いでしょう。

 

クレジットカードのキャッシングの金利

 

クレジットカードのキャッシングの金利については最大18%でこれは消費者金融系のカードローンとほぼ同じです。5万円の借り入れを行った場合には1ヵ月あたりの利息は750円ですから、翌月に一括返済すれば50750円を返済するということになります。

 

この時に金利が最大15%の銀行系カードローンを利用することができれば1ヵ月あたりの利息は625円ですから、翌月に一括返済すれば50625円となり金利の分だけ有利になります。

 

既にクレジットカードを持っているので困ったらクレジットカードのキャッシングを利用するという人が多いかもしれませんが、利用の頻度が多くなると金利の違いが支払額に大きく影響しますので銀行系のカードローンに申し込んだ方が有利になります。

 

銀行系のカードローンでお金を有利に借りる

 

上の例では借入額が5万円で一括で翌月返済するという例で考えてみましたが、例えば何かの事情でまとまったお金が必要になり20万の借り入れをして1年で返済するという場合などにはさらに大きな違いが生じることになります。

 

金利の条件が上の例と同じであればクレジットカードでは支払う利息の総額は36000円ですが、銀行系のカードローンでは支払う利息の総額は30000円となり1年で6000円の違いが生じるのです。

 

クレジットカードのキャッシングを頻繁に利用するという人の場合には、銀行系のカードローンに申し込んでより有利にお金を借りることをおすすめします。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。