MENU

スピード審査や即日融資に対応する銀行系カードローンが増えています

消費者金融系のカードローンと比較すると金利が低めで総量規制の対象にならないということが銀行系のカードローンのメリットなのですが、一方で審査が厳しいことや審査のために時間がかかることなどがデメリットとされています。

 

ですが最近では銀行系のカードローンの中にもスピード審査や即日融資に対応したローンが増えていますし、審査そのものについても申し込む人に安定した収入が認められれば以前よりは審査に通りやすくなったとされています。

 

今回は銀行系のカードローンに申し込んだ場合に審査でチェックされるポイントと審査のために必要となる時間について解説しますので、申し込みを検討している人はぜひとも参考にしてみてください。

 

<銀行系のカードローンの審査でチェックされるポイントと審査に必要な時間について>

 

銀行系のカードローンの審査に通るためのポイントについて

 

低い金利で利用できる銀行系のカードローンでは、審査において申込者の返済能力の高さが確認されます。安定した収入があるかどうかによって返済能力が判断されますから、審査に通るためには公務員や大企業の社員などが有利です。

 

また普通の会社に勤めている場合でも正社員で勤続年数がある程度長ければ安定した収入があると認められるようです。

 

しかし正社員以外の雇用形態の人の場合には審査に通過するのは難しいようですし、また正社員であっても就職や転職をしてから日が浅い場合などには審査に通過しても低い限度額しか認められないということもあるようです。

 

銀行系のカードローンの審査に必要な時間について

 

以前は即日融資を希望する場合には消費者金融系のカードローンに申し込むというのが一般的でしたが、最近ではスピード審査や即日融資に対応した銀行系のカードローンが増えています。

 

例えば楽天銀行やオリックス銀行の場合では即日融資には対応しませんが審査の結果については最短即日で通知されます。また消費者金融のノウハウを持っている新生銀行レイクの場合には申し込み直後に審査結果が判明して最短即日の融資も可能です。

 

今までは銀行系のカードローンでは審査が厳しく融資までに時間がかかることが多かったのですが、最近ではスピード審査や即日融資への対応も進んでいますので、今まで敬遠していた人も銀行系のカードローンへの申し込みを一度検討してみることをおすすめします。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。