MENU

銀行は貸金業法の適用対象外のため総量規制による制限を受けないのです

銀行系のカードローンでは借入限度額を大きく設定できることが消費者金融系のカードローンと比較した場合のメリットになっています。

 

総量規制という決まりが平成22年に施行された貸金業法という法律の中にあって、これにより借り入れのできる最大の限度額は年収の3分の1までに制限されることになりました。

 

この借り入れの制限は1社あたり年収の3分の1ではなくカードローンの全ての借り入れ限度額の合計で年収の3分の1となります。また実際に借り入れを行っている金額ではなく借入限度額をもとに算定されます。

 

ですから例えば年収が450万円の人が3社でそれぞれ借入限度額50万円のカードローンの契約をしているという場合には、合計は150万円ですので既に年収の制限いっぱいの契約をしているものとみなされるのです。

 

この総量規制は消費者金融系のカードローンと信販系のカードローンに適用されるのですが、銀行は貸金業法の対象外ですから銀行系のカードローンは総量規制による制限は受けないのです。そのために各銀行はカードローンの利用限度額を自由に設定することができますし、利用する人は年収の3分の1を超える利用限度額を希望することもできるのです。

 

利用限度額はどうやって決まる?

 

消費者金融系のカードローンと同様に、銀行系のカードローンでも申し込んだ人の年収や雇用形態や信用情報などによって利用限度額を決定しています。

 

年収が高い場合や、公務員や大企業の正社員の場合などには利用限度額は大きくなりますし、一方で転職したばかりの場合や、借り入れを何度も繰り返している場合などには利用限度額は小さくなります。また過去に延滞や債務整理などの金融事故をおこしている場合には審査そのものに通らなくなります。

 

同じ会社に数年間正社員として勤務していて安定した収入を得ていて、過去に金融事故などを起こしたことがないという人であれば銀行系のカードローンの審査に通ることは難しくありませんが、一般的な年収の人の場合には借入限度額についてはそれなりになることが多いようです。

 

しかし銀行系のカードローンには金利が低いという特徴もありますので、借り入れの限度額が消費者金融系のカードローンとそれほど変らなくても銀行系のカードローンを利用できるメリットは大きいと言えます。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。