MENU

金利が低く総量規制の対象外なのが銀行系カードローンの特徴です

おまとめローンや借り換えローン向きであることをセールスポイントにしているカードローンが増えていますが、これら以外の一般のカードローンの中にもおまとめや借り換えに向いたものは多いのです。その中でも特におまとめや借り換えを考えている人におすすめしたいのは銀行系のカードローンです。

 

アコムやプロミスなどの消費者金融系のカードローンと比較すると銀行系のカードローンは金利が低いことが特徴ですから、おまとめや借り換えで利息の支払いを減らすためには最適なのです。

 

現在利用しているカードローンで高額の借り入れをしていて高金利で完済までの期間も長くなるという場合には、銀行系の低金利のカードローンに借り換えることで利息の負担を減らしてその分完済までの期間を短くすることも可能になります。

 

総量規制の関係

 

また総量規制によって消費者金融系のカードローンでは借り入れの総額を年収の3分の1までと定めているのですが、おまとめを利用するとこの総量規制による制限額を借り入れ総額が上回ってしまうという場合があるかもしれません。

 

しかし銀行系のカードローンには総量規制が適用されませんので、ある程度の借り入れがあるという人の場合でも銀行系のカードローンならおまとめがしやすいという利点もあるのです。

 

カードローンでは借入額が高くなるほど金利が低くなるという傾向があります。少額の借り入れを複数のカードローンから行っている場合にはこれを一本化することで総額は同じでも1社あたりの借入額が大きくなりますから、その分だけ低い金利が適用されて利息の負担を少なくすることができるのです。

 

借入れを1つにまとめる

 

また借り入れを1つにまとめることで返済の手間や借り入れ総額の管理などが簡単になりますので、計画的な利用や無理のない返済のためにも役立ちます。

 

また銀行系カードであれば銀行が運営していることによる安心感を持って利用することができますし、柔軟な対応が期待できますので何かの事情で返済で困った場合でも安心です。銀行系カードローンはこのような理由からおまとめローンや借り換えローンには最適でおすすめなのです。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。