MENU

小さな金利の違いが大きな返済額の違いになるのです

金利が借入額に応じて変動して、返済の期間が長くなることで支払う利息が高額になるというのがカードローンの特徴です。

 

支払う利息を少なくするためには早めの返済が有利なのですが、返済の計画に無理があると生活を圧迫することになったり、場合によっては延滞などを起こしてしまう危険性もあるので注意が必要です。

 

返済について余裕があれば任意返済を何度も行うことで早めの返済を目指すという方法もあるのですが、頻繁に任意返済を行うというのはあまり現実的な方法ではないかもしれません。

 

最近カードローンの利用者の間で注目を集めているのは今のカードローンよりも金利の低いものにおまとめや借り換えを行うことで利息を少なくするという方法です。今回はおまとめや借り換えのメリットについて紹介したいと思います。

 

<おまとめや借り換えのメリットについて>

 

金利が下がるために返済総額が少なくなるというのがおまとめや借り換えの最大のメリットです。具体的な例を見てどのぐらいおまとめや借り換えで利息を少なくすることができるのかチェックしてみましょう。

 

借り換えの場合

 

A社から100万円を年利15%で借り入れた場合には1年間で150000円の利息が発生し、1ヵ月では12500円の利息となります。

 

これをB社で年利14%の条件で借り換えができれば1年間で140000円の利息となり、1ヵ月では11666円の利息となります。たった1%の金利の違いでもこれだけの違いが生じるのです。

 

おまとめの場合

 

年利18%の条件でA社から10万円、B社から20万円、C社から30万円を借り入れた場合には1年間で108000円の利息が発生し、1ヶ月では9000円の利息となります。

 

これを金利条件15%のD社にまとめることができれば1年間で90000円の利息となり、1ヵ月では7500円となります。またこれ以外に返済の手間や借入残高の管理などが簡単になるというメリットもあります。

 

このようにしてみると金利の差は数千円ですが、返済の期間が長くなればなるほどこの違いが大きくなってくるのです。返済計画をしっかりと立てて無理のない返済を行うためにも借り換えやおまとめを検討することをおすすめします。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。