MENU

事前にしっかりとした返済計画を立てることが重要です

普段カードローンの利用で悩んでいる人の場合には「カードローンの一本化」という言葉を目にしたり耳にしたりする機会が多いのではないでしょうか。

 

複数のカードローンを利用している人が1つのカードローンに借り入れをまとめることがカードローンの一本化であり、主に金利を低くすることや毎月の返済の負担を軽くすることなどを目的に行われるものです。

 

カードローンの利用が複数になると1社あたりの返済額は少額でもトータルでは月々大きな金額の返済が必要になりますし、また支払いの手間やローンの管理の手間などは煩雑になります。

 

カードローンの一本化メリット

 

これらを一本化することができれば月々の返済金額を引き下げることもできますし、また金利の安いカードローンへの借り換えができれば利息の負担を少なくすることも可能です。

 

ただし金利の安いカードローンについては銀行系のものが多いのですが、銀行系のカードローンでは審査が厳しい場合が多いということに注意が必要になります。

 

また月々の返済額を低く設定すれば生活への負担は少なくなり返済がしやすくなりますが、その一方で完済までの期間が長くなりますので返済の総額が増えてしまうという場合もあります。

 

具体的な例で考えてみましょう。ABCの3社から合計100万円を年利18%の条件で借り入れて3年で完済する場合には返済する金額の合計は154万円ということになりますが、これを年利15%のD社に一本化して5年で完済する場合には返済する金額の合計は175万円となります。

 

金利が低いカードローンに一本化した場合でも返済期間が長くなればその分利息の負担は増えてしまうのです。特に月々の返済が苦しいため一本化で月々の支払額を減額したいと考えている人はトータルの返済額について計算してみる必要があります。

 

一本化しかデメリットになるなら

 

返済を一本化することでかえって返済の総額が増えてしまうという場合などには、無理に一本化するよりも現在利用しているカードローンの支払いの減額などをカードローン会社に相談したほうが得かもしれません。

 

また借り入れを一本化して月々の返済額を減らした場合に自分の借金そのものが減ったかのように錯覚してしまって、かえって追加の借り入れなどを繰り返してしまう人などもいるようです。

 

このようなことを繰り返しているといつまでも完済することができませんし利息だけを延々と支払い続けるという結果になってしまいます。様々なメリットがあるのがカードローンの一本化なのですが、そのメリットを実際に享受するためには返済計画をしっかりと立てることが必要なのです。

総合人気ナンバー1!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。